出雲民芸紙について


僕の使用している和紙は

 

【思いのこもった、ずっと残していける和紙です】

 

島根県松江市八雲町の人間国宝の安部榮四郎さんのお孫さんに

僕の思いを伝え、僕のやっていること

笑顔を増やすために、喜んでもらえるために。

キッカケになってほしいという思いを伝えさせていただき

1枚1枚手すきで作っていただいています

 

またできるだけ島根のモノを使いたい

島根の伝統文化を残していきたいという思いも僕の中にあります

 

この八雲町でつくられる和紙は【出雲民芸紙】と呼ばれています

 

この和紙は、純粋な和紙の原料だけを使っているため

普通の紙と違い、長年しみがでないそうです

また原料の個性を最大限に生かしています

実際に僕が安部榮四郎記念館で見た数十年前の書の作品も

とてもきれいな状態で思いが受け継がれた和紙でした

 

思いのこもった和紙に、僕の思いをこめて

ひとつの作品にしていきます

大切な思いをずっとずっと残していけるように